派遣による技術者のデメリットをメリットに変える

派遣のデメリットとなるのが一定期間となる雇用形態にあるものの、派遣会社元によっては期間を設けることなく雇用する形態も提案し、長期間での活躍を提供する取り組みもスタートしています。特に技術者にとっては、ツールや機材などの知識や技術を長い期間を掛け、身に付ける必要がある専門職とも呼ばれているため、短期間での雇用あるいは仕事に従事することを回避したいのも実情となります。近年では、就業先となる企業においても、再雇用へと結びつけるバックアップ体制を整えていたり、派遣会社による各技術分野に特化した独自研修を提案するなどに努めています。例えば、電気系となる技術者向けには、デジタル・アナログ・Verilog検証などの研修をはじめ、デジタル通信回路や高周波基礎などの知識と技術を一体化させた取り組みが挙げられており、ハイエンドクラスのエンジニアを派遣、養成しています。

若い年代の技術者の派遣内容

技術者の派遣は、派遣先となる企業にとっては即戦力として従事できることを採用時に前提としています。そのため、通常は研修に研修を重ね、修行中となる長い歳月を掛けて一人前に成長する専門職であるものの、社会や市場、時代のニーズにあわせてエンジニアの技術の向上心が高まっています。若い年代となる男性から特に人気となる専門職がシステム系であり、組込みソフトスタートアップやC言語、ネットワークやデータベースなどの仕事上の基礎スキルが必要となります。さらに組込みOS基礎から応用、WEBアプリ開発などのキャリアが必要となる仕事内容も任されるため、ある程度の技術力は派遣先での活躍の幅に繋がってしまいます。若い年代では、物づくりとは何であるのか、さらに取り組む姿勢までを明確にする目的も含め、研修による力を身に付ける支援を求めることも必要とされています。

技術者の派遣に求めるキャリア年数の意図

様々な製品を生み出すのが技術職の特徴で、人材派遣によって大手から中小などの好みの企業で活躍が期待できます。雇用形態も正社員との位置付けとする企業も増えており、派遣のデメリットが少なくなってきた背景から男女ともに人材登録を行い、ライフスタイルに見合った活躍を行っています。電気や機械などの専門性の高い技術者にとっては、実績となるキャリア年数が仕事に従事する際に左右されやすいため、ステップアップを図る必要性が指摘されています。例えば、若手エンジニアの場合には、求める企業側からはコンピテンシーと呼ばれる業務姿勢やコミュニケーション能力が重要視されている傾向にあり、高い成果を挙げるよりも基礎がポイントとなります。また、派遣で支持されるのがプロジェクトマネージメントを理解している中堅エンジニアであり、特に化学系となる企業では、有機スペクトル解析・実験計画法の実践・環境配慮設計などにおいて確実な成果を求めているため、キャリア年数は重要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

*